偏頭痛をお裾分けしてやりたい




ちょっと疲れただけで偏頭痛になります、デリケートな私です。


ちょっと夜更かし〜偏頭痛

ちょっと勉強集中〜偏頭痛

ちょっと水泳〜偏頭痛

ちょっとごはんおかわり〜腹痛





もう痛みと共に人生を歩め、とでも言われているのでしょうか。


生きるのツライ…(° °)



とにかくバファリン愛してます。



もう君なしでは生きていけない。


いなくなってしまうと震える。



西○カナが震えるのもわかるよ。







さてさて


あの真相を…

ついに…解き明かす…!



真相とはこの記事のラスト。




2回目の渡韓。

友達と次なるグルメを目指して歩いていました。


夜だし楽しいしもうテンションあげあげです。


すると向こうから2人組が。


最初は特に気にせず歩いていました。



徐々に距離が縮まり、目線を感じる。


『아녀하세요~일본사라미 에요?』


記憶が定かではないですが
多分いきなり

『こんばんは〜〜日本の方ですか?
旅行ですか?』

みたいな感じで話しかけられました。



その2人組は1人はちょっとポッチャリ、メガネをかけた女性。
2人目はショート金髪の小柄な女性。



カタコトの韓国語と英語とジェスチャーを交えて必死に意思疎通してました。


彼女たちは


今からセレモニーがあって韓国料理がタダで食べれるから来なよ!
セレモニー!韓国文化!知りたくない?
チマチョゴリ着たいでしょ!

と、ナンパしてきた。

案の定私達はホイホイとついていきました。
タダで食べれるから…


この醜い欲望が後々とんでもないことに…



地下鉄で何駅か乗り、見知らぬアパートへ。



ちなみに4人でひたすら翻訳機を使って必死にコミュニケーションをとってました。



なんで伝わらないんだ!


語彙力足りねえ…

とか思いながらなんとか会話。

だけどこうやって現地の人と一生懸命喋ることって本当に楽しい。



アパートに入ると大学生くらいの男女が大勢。


別の部屋へ。
そこには沢山のチマチョゴリがあり、
好きなものを選んで着せてもらいました。



f:id:yukihoppi:20160524211341j:image

結構ハデで華やか。
可愛いです。



また別の部屋へ。


f:id:yukihoppi:20160524211618j:image
写真は撮れなかったので、引用しました。


まさにこの状態でした。


『あなたたちは私達のマネをしたらいいよ。大丈夫、できるから!』



私達はこの時何かを互いに感じていたはずである。



やべぇ…何が起こるんだ…



最初に動きを教えてもらい、始まりました。

f:id:yukihoppi:20160524211849j:image


こんな感じでひたすらお辞儀とスクワットみたいな動きさせられました。



f:id:yukihoppi:20160524212007j:image


このポーズの時、


『これは…ヤバイ…え、ヤバイよね??いや、悪い子には見えないし…あ、待って…あ、え、カバンあの部屋に置きっぱなしだ!やべぇよ!こうやって儀式してる間に盗られるんじゃね!?オワタ。』


ひたすら思ってた。笑



初めて身に危機を感じました。


冷や汗なのかなんなのかわかんない汗が。(普通に暑い)

最後はお経的なものを唱えて字が書いてある紙を燃やして終了。




最後に4人で山盛りのあのご飯を食しました。

f:id:yukihoppi:20160524212505j:image

やたらイチゴが甘い。

鶏肉もある。の、横にチョコパイ。笑



『このセレモニーをするためにあちらの学生が沢山準備してくれました。お金が沢山かかりました。



…この流れは…まさか


だから、寄付してくれませんか?
あなたたちが寄付してくれたらまたセレモニーができます。
いいことです。お願い致します。』


キタコレ。
まさかこうくるか。
私の善良な心に踏み込んでくる…


私達はギリギリのお金できているからそんなに払えないよと伝えました。


『じゃあ1人10000wでもいいから…』

仕方なくここはもう折れました。
タダって言ったじゃないか!プンスカ



『あと、これは学生が頑張りました。みんなにお菓子をプレゼントしませんか?』

まだくるか!!プンスカ


渋々コンビニに寄って千円くらいのお菓子を買いました。


後は駅の途中まで送ってもらい、
謎のセレモニーは終わりました。


2人は私達が帰れたか心配で、
ずっとLINEをくれてました。

えーやつぅ。



と、こんなことがありました。



先日担当してくれた美容師さんが韓国と日本のハーフで、盛り上がった時にこの話をしたら

『あーそれ法事じゃないかな。ヤバくはないよ〜笑』

『お金とられたの?カモられたんかな笑』


そう、私達は知らぬ間に韓国の法事に参加し、知らぬ間にカモられていたのです。



まあ2人ともなかなかできない経験だしチマチョゴリ着れたしオールオッケー!とか言ってましたが…




皆さんダメですよ。
のこのこ誰にでもついていったら…


海外来てフランクになっちゃいますけどね〜〜


そこの君もカモられちゃいますよ!



今回は長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございます!



次回、

『優柔不断な奴ほど心では即決している』

をキマグレにお送りします!